2013年08月17日

矢野顕子 with Will Lee and Chris parker

16日 ビルボードライブ大阪で
「矢野顕子 with Will Lee and Chris parker」のライブを
観てきました。


Will Lee を観るのは
たぶん 24th Street Band 以来 30年ぶりかも。

Chris Parker は たぶん初めて。


矢野顕子 ニューヨークの超ベテランとのトリオは 初体験。

結構ジャズジャズした音なのかと 勝手にイメージしていたのですが。



思いっきり 「アッコちゃんワールド」やん。

Will も Chris も めちゃロックやし。

がっつり自分の世界に 引きずり込んどるわ。


大阪厚生年金会館の3階まで走り回ってた昔を 思い出させる
ピョンピョン飛び跳ねる Will は 知ってたけど

Stuff しか知らなかった Chris が
あんなに激しいドラムを叩く人やったとは。


アッコちゃん自身も ふわふわ系だけでなく

初期の頃の 暴れるアッコちゃんで。


まあ 当然 なんでもできる人達なのでしょうけど。けど。


ルーツというか 血 というか
アーチストが 根底に持っているものを
プレゼントしてもらえたように 思えて

超嬉しい 誤算でした。

 

2013年06月09日

MICHAEL JACKSON THE IMMORTAL WORLD TOUR


昨日 行ってきました。

シルク・ドゥ・ソレイユは コルティオ以来 4年ぶり2度目。


http://mj-t.jp/



ひや〜 やっぱりソレイユは すごい。

"humen nature" で 3回号泣してもうた。


その後 号泣 数知れず。



マイケルが大嫌いな おいらでも 感動できる

ソレイユの アイディアと 実現力を

思う存分 堪能させて もらいました。

 

2013年06月02日

CD "BEST OF BEATLES on PIANO" 深町純


昨日 こんなCDを ゲットしました。
深町純の ビートルズカバー。

http://fukamachijun.jp/discography/1972_2_piano_solo.html



中学校の頃か 随分昔

あれは ラジオだったか
アニキの録った カセットだったかで
かすかに耳にした "Let it be"。


ゴスペル調のアレンジに
大きなショックを 受けました。


演奏者は 演奏する曲に
ひたすら 向き合って

その曲を 魅力あるものにしようという想いで

自分の持つ アイディアを
投入し尽くすべきなんだ。



「最初」の ビートルズの演奏で
「これが正解」 「これしかない」 と

もし 受け取ってしまったら

その曲の可能性は 広がらない。



与えられたものを 盲信するのは
知恵なし。 責任逃れ。


演奏に 責任を持つことが
パフォーマンスなんだ。




子どもの頃 学んだことです。



その 私にとっての 「バイブル」が
去年 復刻されたことを つい最近知り

早速 ゲットした次第。



深町さんが亡くなられて 数年経ちますが
また 学びたいと 思います。

 

2012年02月12日

映画 『51(ウーイー) 世界で一番小さく生まれたパンダ』



動物の絵を紹介して

かわいい かわいい ゆう映画


そう なめきって お気楽気分で観に行くと


ひたすら 感動して

大号泣してしまいました。



「51(ウーイー) 世界で一番小さく生まれたパンダ」。



表情が あって

行動が あって

悩み もがく パンダ達。


生々しい 絆でした。



昨年の 東北地方の震災以来

盛んに言われる 「絆」という 言葉に

私は 嗚咽を 感じます。


「絆」とは 日常の行動の中で

必然的に 継続されるもの。


形や 程度に かかわらず

常に 心に留められている ものです。



それが アクシデントの際に 声高になるのは

多くの人が 絆を 軽んじていた事の 証し。



浮ついた言葉で

現実から 逃げても

パンダに 笑われる。




パンダから 愛を 教わる 映画です。

「51(ウーイー) 世界で一番小さく生まれたパンダ」。

http://panda51.jp/


 

2012年01月28日

石原新党


その顔ぶれこそ

駄作のオンパレード。

 
posted by ようだい at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

キ○ジョン○ン

 

しばらく 素顔が明かされず

明かされてみたら 実は デブだった



という流れは

確か クリストファー・クロスも そうでした


 
posted by ようだい at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

映画 『タンタンの冒険』


映画 『タンタンの冒険』の 紹介TV番組が ありました。




誰も アニメと 言わない。





でも TINTIN を 「ちんちん」と 言ってはいけない

2011年08月05日

NORAZO


えー 前の記事の続きです。

今週の HEY!HEY!HEY! 録画したのを今頃観てるわけですが



NORAZO て

鈴木Q太郎やん


 
posted by ようだい at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キム・テウ


韓国の


ケンドーコバヤシ。

 
posted by ようだい at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

加藤清史郎くん


次回作から ハリポタは彼で撮るらしい。

さらばじゃ ラドクリフ




いっっっっっっっっっっ、ぺんも

ハリポタ 観たことあらへんねんけど

 
posted by ようだい at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。